コミュニティカレッジ

コミュニティカレッジとは?【特徴・学習コース・制度を丁寧に解説】

みくちゃん
みくちゃん
コミュニティカレッジってどういう学校なの?何を学べるの?特徴は何?コミュニティカレッジについて誰か教えて~!

こんな疑問に答えます。

この記事を書いている私は、アメリカ・ワシントン州のコミュニティカレッジに約1年半の正規留学を経験しました。

実際に留学を経験した私だからこそ伝えられるコミュニティカレッジの特徴・制度を中心にわかりやすく説明していきます!

<本記事のテーマ>

・コミュニティカレッジとは何か

・コミュニティカレッジの学習コースを紹介

・コミュニティカレッジの学期制度&仕組み

コミュニティカレッジとはどんな学校?

はてな

コミュニティカレッジとは、2年制大学のことです。

コミュニティカレッジには「学びたいことがある人は誰でも入学ができて教育を受けられる」制度が整っています。主な特徴は3つ。

①入学試験がなく、基本的に誰でも入れる

②在学期間が人によって大きく変わる

③いろいろな教養科目を学べる

1つずつ説明します。

入学試験がなく、基本的に誰でも入れる

コミュニティカレッジには日本でいうセンター試験のような入学試験がありません。その代わり、入学する基準を満たせば誰でも入ることができます。

例えば、留学生の場合だと、高校卒業資格・TOEFL等の英語力を証明する資格があれば問題なく入学できます。(もちろん十分な費用があることが大前提です。)

きつい入学試験がないため、入学の敷居が低くて誰もが勉強しやすい環境が整っています。年齢・学力・キャリアがバラバラな生徒が集まり、自分の興味ある授業を好きに受講できるのが大きな特徴です。

在学期間が人によって大きく変わる

コミュニティカレッジの在学期間は人によって大きく変わります。

興味ある科目を全て履修して3年かけて卒業する人もいれば、必要な単位を急いで取って1年半で卒業する人もいます。

コミュニティカレッジでは、学生本人が各学期の単位数を自由に決めて学習を進めていくことができます。各学期毎に、最も少ない人で12単位、多い人で25~27単位も取ることができます。

各学期=12単位取得は、留学生が正規留学を続ける為に必要な最低単位数。(夏学期は例外あり)

・各学期に取得可能な最大単位数は学校によって違うので事前の確認が必要

私のように1年半ほどで卒業したい人は、毎学期15単位~20単位を目安に取得していく場合が多いです。ゆっくり学習したい人は、毎学期12単位を取得して2年~3年かけて卒業することもできます。

色々な教養科目を学べる

コミュニティカレッジは「幅広い教養科目を広く&浅く学べる」のが特徴です。文系の人でも理系科目を学ぶことができるし、その逆ももちろん可能。

専門的なことを学ぶ四年制大学に比べて、より幅広い分野を学習することができます。

各コミュニティカレッジによって学べる科目は変わってくるので、自分の興味ある科目がそろっている学校を選ぶことが大切になっていきます。

以下、私が通っていたコミュニティカレッジで学べる科目の一覧表です。科目数が多い!

Accounting(会計学)/Business(経営学)/ Economics(経済学)/ Biology(生物学)/Education(教育学)/ Culinary arts(料理学)/Early Childhood education(幼児教育学)/Engineering(エンジニア学)/ Mathematics (数学)/Music(音楽)/ Nursing(看護学)/Low(法学)/ Communication(コミュニケーション学)/Psychology(心理学)/ Hospitality/Tourism(ホスピタリティ・旅行学)/ International studies(国際関係学) /Astronomy(天文学) /Nutrition(栄養学)/Political Science(政治学)/ Geology(地学)/ Physics(物理学)/Chemistry(化学)

他にもたくさん!!

文系理系関係なく、幅広い科目が学べる場所だということが伝わったでしょうか。

コミュニティカレッジには一風変わった、面白い科目がたくさんあるのも魅力の1つですよ!(例:ダンス学・盆栽学・パラリーガル学など)

コミュニティカレッジの代表的な学習コース

コミュニティカレッジには大きく分けて2つの学習コースがあります。

①4年制大学編入コース

②職業訓練コース

さくっと説明します!

①4年制大学編入コース

4年制大学編入コースは、4年制大学への編入・卒業を最終目的としたコースです。

このコースでは、4年制大学卒業に必要な全単位の内、前半2年間分の単位をコミュニティカレッジで取得することができます。

こはる
こはる
コミュニティカレッジで取得した2年分の単位を編入先の4年制大学にそのまま移して、残り2年分の単位を四年制大学で取得→卒業できるんだよ!

このコースを利用することで、4年制大学に4年間通うよりも費用を節約することができます。4年間の内、前半2年間をコミュニティカレッジで過ごすことで、費用が安くすむからです。

海外の4年制大学をお金をかけずに卒業したい人にぴったりのコースです。

②職業訓練コース

職業訓練コースは、より門的な技術や知識を得るためのコースです。

コミュニティカレッジにはたくさんの職業専門コースがあります。

(例:料理学・ホスピタリティ学・建設学・エンジニア・盆栽学・秘書学など)

各コースによって期間・授業数・費用も細かく変わってきます。

このコースを終了するとCertificateと呼ばれる修了証を取得できます。修了証とは、その分野の専門的な技術&知識を得たと証明する資格のようなものです。

こはる
こはる
修了証を取得することで、就職時に強い!特定の専門知識を身につけたとあなたのスキルをアピールできるよ!

コミュニティカレッジの学期制度

選択

コミュニティカレッジには2つの学期制度があります。

<セメスター制>

セメスター制の学校=2学期制の学校のことです。各学期のスケジュールはこちら。

  • 秋学期(9月~12月)
  • 春学期(1月~5月)
  • 夏学期(6月~8月)
こはる
こはる
アメリカのコミュニティカレッジの大半がセメスター制を利用しているよ!

セメスター制のメリット

セメスター制の学校のメリットは3つ。

・授業のスピードが遅い&丁寧

・休みが長い

・テスト対策がしっかりできる

セメスター制の学校は各学期が長いためゆっくりしたペースで授業が進んでいきます。授業の進むスピードが遅いので、丁寧に理解をしながら学習をしていくことができです。

セメスター制は夏学期が長いことも特徴です。約3ヶ月の夏学期を利用して母国に帰る留学生も多く、十分に休みを満喫できます。

また各学期が長いので、中間テスト・期末テストを十分な余裕をもって対策をすることができます。

セメスター制のデメリット

セメスター制の学校のデメリットは2つ。

・各学期が長いので飽きやすい&疲れやすい

・入学時期・卒業時期が少ない

セメスター制はクオーター制に比べて一学期の長さが長いので、その分モチベーションを保つのが大変です。同じ授業が2・3ヶ月と続くとだんだん飽きてきたり、サボり始める人もいます。

レベルが高い難しい授業をとった学期はさらに大変です。難しいレポートやテスト勉強を、約3ヶ月間頑張らないといけません。

また、セメスター制の入学・卒業時期は年に2回(場合によっては3回)です。

※夏学期からの入学ができる学校もあります。しかし、夏学期は休暇をとる先生も多く、希望する授業がそもそも無い可能性があります。なので留学生の大半が、秋学期か春学期から入学します。

こはる
こはる
留学費用を抑えるためになるべく早く卒業・編入したい人には入学・卒業時期が少ないというのがデメリット!

セメスター制の学校に向いている人

セメスター制の学校に向いている人はこんな人です。

ゆっくりとしたペースで着実に卒業を目指したい人

休暇期間は思いっきり遊びたい人

留学期間や費用にあまりこだわらない人

のんびりした性格の人・自分のペースで焦らず学習したい人に向いています。

<クオーター制>

クオーター制の学校とは4学期制の学校のことです。代表的なスケジュールはこちら。

  • 秋学期(9月~12月)
  • 冬学期(1月~3月)
  • 春学期(4月~6月)
  • 夏学期(6月~8月)
こはる
こはる
クオーター制の学校は州によって数が変わるから調べてみよう!

クオーター制のメリット

クオーター制の学校のメリットは2つ。

・より多くの授業を体験できる

・入学時期・卒業時期が柔軟&費用が節約できる

クオーター制の学校では、セメスター制の学校に比べて、単純に学べる科目数が増えます。よって、興味がある授業が複数ある人・色々な授業を体験してみたい人におすすめです。

こはる
こはる
1学期の期間が短い分、授業も飽きることなく、あっという間に1学期が終わるよ!

また、入学時期も卒業時期も年に4回あるためとても便利です。

例えば、日本の高校を3月に卒業して、期間を空けずに4月から入学することも可能です。(これがセメスター制だと秋学期まで入学を待たなければなりません。)

全体的に無駄な時間を減らすことができ、経済的に節約できるのがクオーター制のメリットです。(年4回の入学&卒業時期を上手く使って、留学期間を短くできるので費用を節約できます!)

クオーター制のデメリット

クオーター制のデメリットは4つ。

・授業のスピードが速いので慣れるまでは大変!

・授業内容が浅く、1つの教科を深くじっくりとは学べない

・夏休みが短い

・テスト対策が大変!

クオーター制の学校は忙しいです。1回の授業はかなり速いスピードで進みます。

約2ヶ月という短期間の中で、全ての授業内容を終わらせないといけないため必然的に忙しくなります。

こはる
こはる
やっとレポートが終わったばかりなのに、1週間後には別の長文レポートを提出しなければならないことも多い!

とにかく授業のスピードが速いので、セメスター制の学校と比べると丁寧に深く学ぶことが難しいです。

こはる
こはる
クオーター制の学校では、科目数が多い分、とっとと学んで単位取るぞーって感じだよ!

テスト対策も大変です
各学期ごとの中間テスト・期末テストがあるのですが、中間テストが終わってすぐに期末テストの勉強を始めないといけない場合が多いです。

また、セメスター制に比べて夏休みが短いです。夏は思う存分休んでリフレッシュしたい人は物足りなく感じるかもしれません。

クオーター制の学校に向いてる人

クオーター制の学校に向いている人はこんな人です。

・留学期間をなるべく短くして編入・卒業したい人

・様々な科目を広く・浅く勉強したい人

・スピード重視の授業が受けたい人

自分の性格・希望をよく考えた上でどちらの制度の学校があっているのか検討してみてください!

以上がコミュニティカレッジについての基本的な特徴とコース、制度です。

こちらの記事もおすすめ!

コミュニティカレッジに行く意味って何?【コミカレ留学の良さを解説】

【留学前に絶対読むべき】おすすめの本5選+役立つ情報サイト一覧