脱毛

全身医療脱毛のクリニックの選び方を徹底解説!【納得して決めよう】

女性 ジャンプ
みくちゃん
みくちゃん
医療レーザーを使った全身脱毛に興味があるけどたくさんクリニックがあってどこがいいのかわからない。何を基準にして選んだらいいのかな?まず何から考えればいいんだろう?クリニック選びのポイントが知りたい!

こんなお悩みを解決します。

脱毛効果の高い医療レーザーで全身を綺麗にできる全身脱毛。全身まるごとむだ毛をなくしてつるすべ肌を目指せるのが魅力ですよね。

クリニックでの全身脱毛はこんな方にぴったり!

  • 全身まるごと綺麗にしたい
  • 少ない回数で脱毛完了させたい
  • むだ毛を確実になくしたい

さて、脱毛開始までの大まかな流れを説明します。

あなたに合うクリニックを見つける前にまず以下のステップに沿って考えてましょう。

  • ステップ1
    大事な4点を考える
    脱毛範囲・脱毛予算・脱毛回数・脱毛機器
  • ステップ2
    医療脱毛クリニック選びの条件を知る
    5つあります。
  • ステップ3
    医療脱毛クリニック選びの注意点を知る
    3つあります。

この3ステップに沿ってしっかり考えることで、あなたにぴったりのクリニックが絞りこめます!

まずはステップ1から考えてみましょう!

ステップ1:大事な4点を考える【脱毛範囲・脱毛予算・脱毛回数・脱毛機器】

悩む  女性

脱毛範囲を考える

まず初めに、クリニックでの全身脱毛は大きく4つのタイプに分かれます↓

  1. 全身のみ(顔とVIOを除く)
  2. 全身+顔(VIOを除く)
  3. 全身+VIO(顔を除く)
  4. 全身+顔+VIO

まずはあなたがどのタイプの脱毛をしたいのかをざっくりで良いので考えましょう。

ポイントは顔とVIOを脱毛したいかどうか、です。

それぞれのタイプごとに料金は変わります。

全体的にタイプ①が安く、タイプ②とタイプ③は同じくらいの料金、タイプ④が高めの料金に設定されています。(次の項目で詳しく説明します。)

脱毛予算を考える

次に予算を考えましょう。

こはる
こはる
10年前だと全身脱毛するのに30万~40万円以上も必要だった医療脱毛も、近年ではかなり平均相場が下がってきているのが特徴です!

医療脱毛5回料金の平均相場

  1. 全身のみ(顔とVIOを除く)
    →約20万円
  2. 全身+顔(VIOを除く)
    →約25万~30万円
  3. 全身+VIO(顔を除く)
    →約25万~30万円
  4. 全身+顔+VIO
    →約30万~40万円

※税抜価格です。

ここでは平均相場を出しましたが、各クリニックによって料金が大きく変わるのが現状です。

こはる
こはる
中には脱毛サロンと料金があまり変わらないほど安いプランがあるクリニックもあるんです!

また多くのクリニックが提供している嬉しいサービスが2つあります!

①:より安く脱毛できる『お得な割引キャンペーン』を導入していているクリニックが増えてきていること

→多くのクリニックでは学割ペア割乗り換え割を実施しています。

  • 学割:学生対象の割引制度。
  • ペア割:2人一緒に契約すると対象となる割引制度。
  • 乗り換え割:他サロンから乗り換えると対象となる割引制度。
こはる
こはる
他にも平日に通うと安くなる『平日割』や友達に紹介すると安くなる『紹介割』を適用するクリニックもあります。

豊富な割引キャンペーンを上手く使えば、さらに安く脱毛ができますよ!

②:クリニックの決済方法が増えて、金銭的に無理なく通える仕組みが整っていること

→多くのクリニックでは現金クレジットカード医療ローンを決済方法に導入しています。手持ちのお金が多くないあなたでも無理なく脱毛に通えるような料金プランを出しているクリニックも多いです。

こはる
こはる
中には月額3,000円以下で通えるクリニックもありますよ!

料金相場を見て『あっ、高い、無理だ、、、』と諦めるのはまだ早い!

一度興味あるクリニックの料金プランを見てから考えましょう!

脱毛回数を考える

医療脱毛の場合、平均的な目安として以下の回数がかかります。

  • 自己処理が楽になるレベル
    →5回
  • 産毛までツルツルレベル
    →8~10回以上

※もちろん個人差はあります。

実際、多くのクリニックでは5回プラン8回プランが用意されています。

こはる
こはる
あなた自身がどの程度までむだ毛をなくしたいのかを決めておくのが大切です。

また、希望する脱毛回数によって脱毛期間も変わってきます↓

  • 脱毛5回の場合
    →平均10~15ヶ月
  • 脱毛8回の場合
    →平均16~24か月

クリニックでは毛の毛周期に合わせて脱毛を進めるため、通常『2~3ヶ月ごとに1回の脱毛』が基本的なペースとなります。

よって、『2~3ヶ月に1回×脱毛回数』で大体の脱毛期間がわかります。

こはる
こはる
大体の脱毛範囲・脱毛予算・脱毛回数が分かったら、最後に脱毛機器について考えましょう!

脱毛機器を考える

クリニックには様々な医療レーザー脱毛機がありますが、各脱毛機の照射方式と使われるレーザーの種類によって効果や痛みの感じ方が全然変わってきます。

☆まずは代表的な照射方式から紹介します!

①照射方式

医療レーザー脱毛の照射方式は熱破壊式蓄熱式の2種類に分かれます。
主な特徴の違いは以下の通り↓

熱破壊式
  • 従来からある脱毛方式で実績が多い
  • メラニン色素に反応し毛根にダメージを与える
  • 皮膚に一発ずつ照射する
  • ゴムで弾かれたような痛みを感じやすい
蓄熱式
  • 近年注目されてる脱毛方式で実績が少ない
  • 毛包全体(バルジ領域)にダメージを与える
  • 皮膚の上で滑らせるように照射する
  • 痛みが少ない

☆2つの照射方式の違いは以下のサイトに詳しく書いてあるので気になる方はどうぞ↓
【知らないと損をする】熱破壊式レーザーと蓄熱式レーザーの違いを解説

2つの照射方式にはそれぞれメリット・デメリットがあるので、あなたが重要視することは何かを考えてみましょう。例えばこんな感じ↓

  • 多少痛くても大丈夫&脱毛実績が多い方法で脱毛したい→熱破壊式
  • 痛いのは嫌&新しい脱毛方式を試してみたい→蓄熱式
こはる
こはる
あなたはどちらの照射方式で脱毛したいですか?

☆次にレーザーの種類を説明します。

②レーザーの種類

クリニックで使われる代表的なレーザーはこちらの3種類です↓

  1. アレキサンドライトレーザー(熱破壊式)
  2. ダイオードレーザー(熱破壊式・蓄熱式)
  3. ヤグレーザー(熱破壊式)

☆各レーザーの詳しい説明は以下のサイトに分かりやすく書かれているので参考にしてみてください↓
医療レーザー脱毛の種類を比較!機器によって効果は違う?

☆ここでは各レーザーの特徴をざっくりまとめます。

レーザー名 剛毛効果 産毛効果 日焼け肌
色黒肌への施術
痛みの感じ度合い
アレキサンドライトレーザー × やや強い
熱破壊式ダイオードレーザー × 弱い
蓄熱式ダイオードレーザー ほとんど無い
ヤグレーザー かなり強い

※痛みの感じ度合いには個人差があります。

それぞれのレーザーにはメリット・デメリットがあるのであなたが重要視することは何かを考えてみましょう。例えばこんな感じ↓

  • 自分は剛毛&痛みには強い方→アレキサンドライトレーザーヤグレーザー
  • 日焼け肌&痛みに弱い方→蓄熱式ダイオードレーザー
こはる
こはる
どちらの脱毛方式が良いか・どんなレーザーで脱毛したいかをざっくりで良いので考えてからカウンセリングに行きましょう。色々と質問もしやすいし納得して脱毛を始められます!

ステップ2:医療脱毛クリニック選びの条件を知る【5つ】

選択 女性
次に、STEP2『良いクリニック選びの条件』を5つ紹介します!

医院数が多い(3院以上)

クリニックを選ぶ際、絶対に避けたいのが契約期間中のクリニックの倒産です。全身脱毛には長い期間と高額なお金がかかります。契約期間途中の倒産だけは避けなければなりません。

こはる
こはる
特に今年から始める脱毛には注意が必要です!

それはコロナウイルスの影響によるクリニックの経営悪化

特に以下の条件に当てはまるクリニックには注意が必要です。

  • 個人経営などの小規模クリニック
  • 広告宣伝が一切なく、口コミだけで集客しているクリニック

もちろん、これらのクリニックにも料金が安いなどのメリットはあります。

が、この不安定な経済状況下で1年~2年の長期的な契約をする場合、1~2院しかない小規模なクリニックではなく、最低でも3院以上あるクリニックを選ぶのが無難です。

経済的に安心して長期間の脱毛をお任せできるクリニックを選びましょう。

5回の脱毛プランが設定されている

全身脱毛を調べていくと、全身脱毛4回のプランを大きく宣伝しているクリニックがいくつか出てきます。これには注意が必要です。

正直に言うと、医療脱毛4回では中途半端なむだ毛の状態のまま終わる可能性が高いです

私の経験上、医療脱毛4回目が終わった時点で自己処理の回数は全体的に減ります。

が、正直このまま脱毛を終わりにするには中途半端すぎる!

のが正直な感想です。

ちなみに医療脱毛4回を終えた時点ではこんな感じ↓※毛量・毛の濃さ共に平均的。あくまでも個人的な体験談です。

  • 全体的に太い毛はだいぶなくなる。
  • 脇・膝・足のスネには細い毛がひょろひょろ生えてくる。
  • 産毛は全体的に全然ある。(特に背中と太もも)
こはる
こはる
とにかくすごい中途半端な状態!!

なので自己処理の回数を減らすのが目的の場合、最低5回以上は脱毛が必要だと思います。(むだ毛までツルツルにしたいならもっと回数が必要です。)

事実、多くの脱毛クリニックでは5回のプランが採用されてますよね。これはつまり、全身を初めて脱毛する場合は少なくとも5回がスタートラインだよ、ということです。

全身脱毛4回か5回かで迷われてる方は、若干高くても5回のプランを選択しましょう。

こはる
こはる
脱毛4回プランを選択しても、中途半端なまま終わってしまって追加料金を出して脱毛を続ける可能性が高いですよ!

1回の通院で全身まるごと脱毛できる

全身脱毛は照射範囲が広いため、クリニックによっては上半身・下半身・VIOとそれぞれ分けて別日に施術をするところがあります。このようなクリニックは避けるのが無難です。

1回の通院で全身を脱毛してくれるクリニックに比べ、余計な時間とお金がかかります

特に以下の3点に注意です↓

  • こまめに予約を取らないといけないので面倒。
  • 毎回予約がスムーズに取れるとは限らない。
  • 毎回の交通費がかかるので出費がかさむ。
こはる
こはる
全身脱毛するなら全身を分けて施術するクリニックではなく、1回の通院でまるごと綺麗にしてくれるクリニックを選ぶのが賢い選択です!

脱毛以外の追加料金がかからない

全身脱毛以外の追加料金がかからないクリニックを選びましょう。一般的に脱毛以外にかかるとされる料金はこちら↓

  • 初診料
  • 再診料
  • カウンセリング料
  • 予約キャンセル料
  • 剃毛料(シェービング代)
  • 治療薬・処置料金
  • 打ち漏れ時の追加照射代

クリニックを選ぶ際は上記の料金がかからないところを選ぶのが賢い選択です!

こはる
こはる
特に注意が必要なのが剃毛代です。

クリニックによっては1カ所の剃り残しがあるだけで500円~1000円の剃毛代をとられてしまいます。でも背中やVIOなど自分では見えない所を1人で綺麗に剃毛をするのは難しいですよね。

なのでクリニックを選ぶ時は、あなたが剃り残した部位を無料で剃毛してくれるところを選ぶ事が大切です。その方が節約にもなるし、安心ですよね。

こはる
こはる
ただ、『無料』と言っても各クリニックごとに細かな規定が変わってくるので注意!後で説明します。

肌トラブルの保証・対応がしっかりしている

強力なレーザーで肌を刺激する医療脱毛には肌トラブルがつきものです。脱毛後に起こりやすい主な肌トラブルがこちら↓

  • 炎症(赤み・ひりつき・むくみ・痒み)
  • 毛嚢炎
  • やけど
  • 硬毛化・増毛化

クリニックを選ぶ際、こうした肌トラブルが起きた時に無料できちんと対応・処置してくれるところを選びましょう。

脱毛後のあなたの肌のアフターケアをきちんとしてくれるクリニックの方が安心・安全ですよね。

ステップ3:医療脱毛クリニックを選びの注意点を知ろう!【3つ】

チェック

最後に、クリニックを選ぶ前に注意すべきポイントを3つ紹介します!

うなじは脱毛できるのか

実は全身脱毛の照射範囲の中には『うなじ』が含まれていないクリニックがいくつかあります。これには注意が必要です。

こはる
こはる
脱毛範囲をよく確認せず『うなじ無しの全身脱毛』の契約をしてしまった結果、背中は脱毛済みで綺麗なのにうなじは未処理で見た目に差が出てしまうことも!

まずは希望する脱毛範囲を確認することが大事です。

うなじを脱毛したい人は最初からうなじが照射範囲に含まれているクリニックを選ぶか、うなじのみ別料金での脱毛するか決める必要があります。

各クリニックごとに料金プランや脱毛部位が変わってくるのでカウンセリングの際に必ず確認しましょう。

麻酔代はかかるのか

痛みに弱い方、麻酔を使って脱毛をしたいと考えてる方は、各クリニックを比較して決める際に必ず麻酔料金について確認しておきましょう。

麻酔料金は各クリニックによって細かく規定が変わってきますが、有料の場合、1回:約3000円ほどかかります。

こはる
こはる
もし、痛みに弱くて麻酔を使用したい場合は最初から麻酔代が無料のクリニックを選ぶのが賢い選択ですよ!

剃毛代の細かな規定

先ほど説明したSTEP2の条件のうち、追加料金に関する項目で『剃り残した部位の剃毛代が無料』なところを選ぶべきだと書きました。

ただし!

一口に「剃毛代が無料」といっても、その細かい規定はクリニックによって変わってくるので注意が必要です。

具体的にはこんな感じ↓

  • 背中やOラインなど自分では見えない部位の剃り残しは無料、それ以外の剃り残しが多い部位は照射をさける。
  • 剃り残した部位は全て無料。
  • 自分では見えない部分の剃り残しは無料。

☆大前提としてどのクリニックでも、基本的に脱毛前は自分で剃毛をできる限り済ませてから行くのがマナーです。

ただ、剃り残しがあった場合の剃毛代の規定がこのように少しずつ変わってくるので注意しましょう。

こはる
こはる
気になるクリニックが出てきたら、剃毛代の細かな規定を必ず無料カウンセリングの時に確認しましょう!

全身医療脱毛のクリニックの選び方【まとめ】

まとめ

ここまでの内容をまとめます!

まずは

  1. 脱毛範囲を考える
  2. 脱毛予算を考える
  3. 脱毛回数を考える
  4. 脱毛機器を考える

これら4点がある程度はっきり決まってきたら具体的なクリニックを選んでいきます↓

  1. 医院数が多い(3院以上)
  2. 5回の脱毛プランが設定されている
  3. 1回の通院で全身まるごと脱毛できる
  4. 脱毛以外の追加料金がかからない
  5. 肌トラブルの保証・対応がしっかりしている

クリニックを選ぶ際はこれらの5条件をクリアした上で、

  1. うなじは脱毛できるのか
  2. 麻酔代はかかるのか
  3. 剃毛代の細かな規定

を確認してあなたと相性の良いところを選ぶのがコツです!