留学

英会話初心者で自身のないあなたに伝えたい本当に大事な3つのこと

みくちゃん
みくちゃん
英会話の勉強を始めたけど話せるようになるのか全く自身がない。発音も単語も文法も勉強しなきゃいけないことはたくさん。。でも実際のところ、英会話を勉強する上で本当に大事なことって何だろう?

こういったあなたの疑問に答えます。

[本記事のテーマ]

・本当に大事なことは「英語力」ではなく「会話力」=「コミュニケーション能力」を高めること。

・正しい「コミュニケーション能力」を身につけよう![3箇条]

この記事を書いている私は英会話超初心者ながらアメリカの大学へ正規留学した経験をもちます。現地でたくさんの日本人学生を精神面からサポートしてきました。

今日はその経験を生かして、英会話を学習する上で本当に大事なことをお伝えします。*詳しくはプロフィールをご覧ください。

英会話の勉強を始めてみたものの、英語は全く聞き取れないし、自分の言いたいことも伝えられない、、、これでは先行き不安になりますよね。しかし、英会話学習において本当に大事なことは「英語力」ではありません。

実は多くの人が見落としがちな「会話力」=「コミュニケーション能力」を正しく身につけることこそが英会話上達のコツです。

本当に大事なことは「英語力」ではなく「会話力」=「コミュニケーション能力」を高めること。

繰り返しますが、英会話の勉強を始めようと思った時、多くの人たちは「英語力」にばかり気をとられがちです。

え?何を言ってるの?と思ったあなた、以下のようなことを考えていませんか?

・まずは単語と発音を頭にたたきこんで英語の構造を理解しよう

・シャド-イングの練習をしてスラスラ英語が話せるようになろう

・毎日洋楽を聞いてリスニングの勉強をしよう

たしかにどれも素晴らしい勉強方法です。しかし英語が話せるようになるにはもっと大事なことがあります。

それは正しい「会話力」を身につけることです

「英会話」=「英語力」+「会話力」ですよね。多くの人は前者の「英語力」にばかり気をとられて後者の「会話力」には力をいれて勉強しようとしません。だから英語が「話せる」ようにならず、諦めてしまうのです。

正しい「会話力」=「コミュニケーション能力」を理解することで英会話学習の効果を倍増させることができます。

正しい「コミュニケーション能力」とは何か?[3箇条]

まず、正しいコミュニケーション能力を得るために、日本語での会話から練習をしてみましょう。日本語でうまくコミュニケーションがとれないのに、英語でのコミュニケーションがうまくいくなんてことは絶対にありません。

以下、3つのことをまずは日本語で実践することから始めましょう。

①まずは目線から!相手の目を見て話しをすること。

②挨拶は全ての基本!「ありがとう」と「ごめんなさい」を素直にはっきり言えること。

③海外では人見知りは通用しない!初対面の人と10分間話をすること。

詳しく説明していきます。

①まずは目線から!相手の目を見て話をすること。

英語が早く話せるようになる1番の方法といってもいいでしょう。あなたは誰かと話をするとき、きちんと相手の目を見て話すことができますか?相手の目を見て話せる人は安心してください。英語でも話せるようになります。

赤ちゃんを想像してみてください。

言葉は全く話せなくても一生懸命お母さんの目を見て自分の気持ちを伝えようとしますよね。泣いてみたり、指をさしてみたり、笑ってみたり。。。そして時がたち成長するにつれて自然と言葉を覚え、他人と話すことができるようになるのです。

英会話も同じです。英会話初心者のあなたが勉強を始めたとき、あなたは「Hello」と「Thank you」くらいしか言えないちっぽけな赤ちゃんです。

それでも、とにかく相手の目を見て言葉を発してみましょう。真剣な気持ちは言葉があっても無くてもきちんと相手に伝わるものです。あなたの必死な気持ちが態度として伝われば、どうにか会話を続けようと真剣になってくれます。

手を使って、顔の表情を使って、紙を使って、あらゆる手段で「話す」のです。そして月日がたつにつれ、自然と単語が頭に入ってきてペラペラと話すことができるようになります。

まずは日本語から、相手の目を見ながら話すことを心がけるようにしましょう。

②挨拶は全ての基本!「ありがとう」「ごめんなさい」を素直にはっきり言えること

挨拶はコミュニケーション能力を高める最初のステップです。あなたは日々の生活の中で「ありがとう」と「ごめんなさい」を相手に素直にはっきりと伝えることができますか?

あなたが思っている以上に外国人は日々の挨拶を大事にします。挨拶がきちんとできない人は人として自立していないと見られ、思わぬ所で損をしたり、トラブルを引き起こしてしまいます。

例えば、何か問題をおこしてしまった時、自分ではしっかりと謝っていたつもりでも、相手から見るとボソボソ何か言ってるな、、全然反省していないじゃないかと思われたりすることも多いです。

まずは日常生活から「ありがとう」を1日10回誰かに言おうと心がけましょう。

③海外では人見知りは通用しない!初対面の人と10分間話をすること。

あなたは初対面の人と10分間話しを続けることができますか?

できないと思ったあなた、英語の勉強を始めるのと同時に人見知りを克服することを心がけましょう。なぜなら外国人はとても積極的な人が多く、初対面でも関係なくあなたの事を知ろうとグイグイ話しかけてくるからです。

そして厳しいことを言いますが、自分の気持ちや考えがないと判断した人には興味をもってくれません。興味をもって話しかけてくれるのは最初だけ、次に会った時には挨拶を交わすだけで違う人と話しを始めてしまうことはとても多いです。せっかく外国人と出会える場があったとしてもそれでは勿体ないですよね。

まずは30秒で構いません。自分自身について簡単な自己紹介を話せるようことを目指しましょう。

まとめ

英会話の勉強は「英語」ではなく「会話」の勉強にこそ力をいれよう!

毎日、誰かと話す時には挨拶と目を見ることを心がけよう。

人見知りな自分を英会話の勉強を通じて変えようと心に誓おう。