留学

【3か月の留学の現実】時間の感じ方と英語力の上達度合いを教えます

スケジュール
悩む人
悩む人
3ヶ月間、海外に留学したいなと考えてるんだけど、実際のところどんな感じなのかな?英語は話せるようになるのかな?

こんなお悩みを解決します!

「3ヶ月の留学」
・・・少し長期のお休みと貯金があれば、なんだか実現できるイメージがありますよね。ただ、実際のところどんな感じなのか、なかなか留学のリアルが分からないですよね。

そこで!

本記事では、3か月ごとに学期が変わる制度を導入していたアメリカの大学に長期留学をしていた私だからこそ分かる、3ヶ月の留学の実態をお伝えします。

こはる
こはる
これを読めば、3ヶ月の留学がどんな感じなのか想像できますよ♪

結論、3ヶ月の留学の場合、「現地での生活に慣れてきて、毎日が楽しいなと感じ始めたころに終了する」人が多いです。

そして英語力は「簡単な日常会話なら聞き取れることができるようになるが、まだまだ中途半端な状態で帰国する」人が多いです。

【3か月の留学】こんな感じで時間が過ぎていきます

こはる
こはる
まず、3か月の留学生活がどのような流れで過ぎていくのか、現地での様子をまとめました!

1か月目

留学してから1か月目は、とにかく毎日が怒濤のように過ぎます。具体的にはこんな感じであっという間に時間が過ぎていきます↓

  • 長時間のフライトで疲れ気味…現地到着(初日)
  • 時差ぼけが酷い…とにかく休んで体力を戻す(1~3日目)
  • 荷物の整理、足りない日用品の買い足し、交通ルートの確認、語学学校や大学の入学手続きなどなど、大忙し!(3~7日目)
  • 学校の授業スタート!(もっと大忙し!!)

このように、現地に到着後の数日間は、慣れない環境で自分一人でやらなければいけないことが多いため、あっという間に時間が過ぎていくんです。

そのため「現地に来てからもう2週間たったのか!やばい、あと2か月半しか時間がない!!!」と残された留学の時間に驚く人も多いのが現実です。

こはる
こはる
3か月の留学の場合、残された時間を常に意識して生活しないと、あっという間に留学が終わってしまうんです!

とはいえ、焦っても仕方ありません。この時期は、メンタル面でも体力面でも無理をしないことが1番です。現地に着いた直後から、ホームシックやカルチャーショックに直面する人も多いため、少しずつ現地の環境に体を慣れさせていくことが大事な時期でもあります。

現地の環境と人々に慣れるので精一杯な状態なのが1か月目だと想定しておきましょう。

2か月目

現地の生活リズムに体がようやく慣れてきて、いろいろな挑戦ができるのが留学2ヶ月目です。この期間は人によって感じ方や行動が大きく変わってくる傾向があるなと、留学中に感じていました。

具体的には、こんな感じ↓

  • ホームシックやカルチャーショックに悩む人
  • 残された時間を意識し、焦りながら行動しまくる人
  • 毎日が新しい経験ばかりで楽しい!とはしゃいでる人

どのように感じるかは、一人一人の性格や滞在先の状況も関係してくるので断定できませんが、上記のどれかに当てはまる人が多いなと感じました。この頃は、大変さと楽しさが入り混じっている状態の人が多い印象でしたし、実際に私もそうでした。

ただ、3か月の留学をしていた人たちに共通していたのが、「帰国日までのカウントダウンをしていたこと」です。

こはる
こはる
「あと○○日しかない!」「あと○○日たったら帰国日だ!」とカレンダーとにらめっこしながら、毎日を大切に過ごしている人がほとんどでした。

とくに語学学校や大学に通っている方は、ようやく現地の授業に慣れてくる頃です。限られた時間の中、語学学校や大学での授業をどのように受けたらいいのか考えながら行動するようになるのが2か月目だと想定しておきましょう。

3か月目

さて、いよいよ帰国日が近づいてきました。留学のゴールが見えてくる3か月目。

怒濤の1か月目と2か月目をなんとか乗り切り、やっと一息ついた頃に、今度は帰国のための準備に取りかかることになります。そして、この時期は、以下のような状態になる方を現地でたくさん見ました!

とにかくいろいろな場所へ行って遊びまくる!!!

帰国日まではとにかく楽しんでいろいろな場所に行き、様々な料理を食べて、お土産を買いまくる方々がたくさんいました笑

それから、語学学校のコースや大学のプログラムに通っている方の場合、最後に提出する課題やプロジェクトに力を入れて頑張る方もたくさんいました。

こはる
こはる
キーワードは「全力!」

遊びも勉強も、全ては今しかできない貴重な経験です。そのことをしっかりと理解し、自分なりの方法で全力で取り組む人が多かったな~と思います。

こはる
こはる
3か月の留学がどんな感じか、流れがなんとなく分かりましたか?

次に英語力の上達の変化をお伝えします。
もちろん個人差はありますが、私が現地で見た多くの日本人留学生は、これからお伝えするレベルまで上達していました。ご参考までにどうぞ♪

【3か月の留学】英語力の上達はこんな感じです

ステップアップ

1か月目

留学して1か月目は、周りの輪に入れず孤独を感じる機会が多いと想定しておきましょう。なぜなら、現地の人が何を言ってるのかさっぱり聞き取れないし、話せないから。

実際に私も、英語が全く話せない状態で渡米しましたが、最初の1か月は大変でした!(当時の私の英語力は、中学・高校で英単語や文法を勉強した程度でした。)

語学学校に通っていたのですが、先生が授業中に何を言ってるのか分からず撃沈…。その後に出されたエッセイの宿題も、何を書いたらいいのか分からずいつまでたっても終わらない状態でした。(正直、日本の中学・高校で勉強してた英語は何だったんだ?レベルで現地の英語が分からず、毎日あたふたしていました!)

こはる
こはる
この状態をなんとか乗り切るべく、ホストファミリーにつたない英語でエッセイの書き方を教えてもらったり、放課後、友達に英語を教えてもらったりしていました。

全然英語が分からず大変でしたが、それでも1か月現地にいると、簡単な挨拶を覚えたり、道路標識や街中の看板を見てなんと書いてあるのか理解はできるようになります。

2か月目

留学して2か月目の英語力は、正直なところ1か月目とあまり変わらないかなと思います。

依然として、思うように話せないし、ネイティブ人達が話すことが聞き取れない日々が続くと想定しておきましょう。

ただ、1か月目とちがうのは、現地の環境に少しずつ慣れて、余裕が出てくることですね。体力面でも精神面でも余裕が出てくると、英語のエッセイの宿題に集中できるようになり、少しだけ書く力が上達したかなと思います。

こはる
こはる
この時期は、大変だけど一生懸命チャレンジし続ける踏ん張りどころです!

ここでどれだけ頑張るかによって、帰国日に感じる達成感が変わってくると思っておいてくださいね。

3か月目

留学して3か月目の英語力は1~2ヶ月目の頃と比べて、確実にレベルアップしたと実感できます!(真面目に勉強した場合)

留学直後から約3ヶ月の間、地道に勉強を繰り返して努力を続ければ、自分の自己紹介はスムーズにできるようになりますし、ネイティブの話していることが、簡単な内容ならば理解ができるレベルまで聞き取れるようになるかなと思います。

また、学校に通ってる方の場合はこの頃になると、英文を読んだり書いたりすることに慣れるため、必然的に宿題の完成度が上がります(笑)私自身、1か月目は何を書いたらいいのかさっぱり分からなかったエッセイの宿題もだいぶスラスラ書けることに気づいて感動したことを覚えています。

こはる
こはる
このように、留学後に大変な思いをしながらもコツコツと勉強をしていけば、必ず成長は実感できる結果になると思います!

とはいえ、3ヶ月だと、まだまだ聞き取れない英会話に戸惑ったり、思うように話せなくて悔しい思いをすることも多いのも現です。

よって、簡単なネイティブの日常会話なら聞き取れて、簡単な単文なら話すことができるようになるが、まだまだ物足りない状態で帰国する」ことになる人が大多数だと想定しておくのがおすすめです。

【3か月の留学】まとめ

まとめ
こはる
こはる
さて、本記事の内容をさくっとまとめます!

3か月の留学は、毎日新しい経験ばかりで心身ともに大忙し!
ジェットコースターのように気持ちの波が大きく、大変に感じる瞬間もありますが、充実感をたくさん感じることができる留学期間です。

具体的にはこんな感じ↓あっという間に3ヶ月が過ぎますよ♪

<現地到着後の変化>

  • 現地到着!いろいろと忙しい毎日が続く…
  • 環境に慣れるので精一杯!
  • ホームシックやカルチャーショックにかかって辛い…
  • 少し環境になれてきて楽しくなってきた♪
  • でも全然英語わからない…勉強頑張る!
  • 帰国日までもうすぐだ!友達と○○に遊びにいこう!
  • いつの間にか、少し英語がわかるようになったかも!?
  • 帰国日だ!あっという間の3ヶ月だったなあ…
こはる
こはる
日本の生活に飽きてしまって新しい経験をしたい人、刺激のある生活を送ってみたい人に3ヶ月はぴったりの留学期間です♪

この記事を読んだ人がよく読んでいる記事

計画をたてる
留学期間と英語力の変化を期間別に徹底比較!【最適な留学期間とは】 こんなお悩みを解決します! 留学と一口に言っても、短期のものから長期のものまで、様々な留学期間があって迷いますよね…。 ...