留学

【3ヶ月の留学がおすすめな人とは?】メリットとデメリットも伝えます

悩む人
悩む人
海外に行きたいんだけど、留学期間をどうしようか悩んでる。3ヶ月の留学ってどうなんだろう?メリットとデメリットを知りたい!

こんなお悩みを解決します!

「3ヶ月」と聞くと、長期休暇を取って貯金を頑張れば留学に行けるイメージがありますよね。ただ、「3ヶ月」という長すぎない&短すぎない期間だと、留学に行く意味があるのか迷う方も多いと思います。

そこで!

本記事では、3か月ごとに学期が変わる制度を導入していたアメリカの大学に長期留学をしていた私だからこそ分かる、3ヶ月の留学がおすすすめな人の特徴をお伝えします。

こはる
こはる
これを読めば、どんな人が3か月の留学におすすめなのかがわかりますよ♪

また、3か月の留学のメリット・デメリットもまとめたので、ぜひ参考にしてくださいね!

【3ヶ月の留学がおすすめなのは、こんな人!】

英語学習

結論、3か月の留学がおすすめなのは、こんな人です↓

  • 気軽に海外に行ってみたい人
  • 長期休暇や夏休みを利用して留学に行きたい人
  • 荷物は少なめで、サクッと留学したい人
  • 短期集中で新しいことにチャレンジしたい人
  • 異国の地で気分転換したい人

3か月の留学に共通するのが、「留学で味わう喜怒哀楽を、短期間で全部体感できる圧倒的スピード感にあふれていること」です。

言い換えると、「短期感で新しいことをめいっぱい体験して成長したい人」にはピッタリの期間となります。

留学で味わう喜怒哀楽とは?

多くの日本人留学生の方が、留学直後から体感することになるのが、こちらの喜怒哀楽です↓

・・・初めての体験ばかりでテンションが上がる♪刺激が多い毎日!
・・・英語が全然通じなくてイライラ…理不尽なことが多くてストレスたまる
・・・ホームシック&カルチャーショックになる
・・・現地で新しい出会いがある♪遊びも観光も楽しい♪

もちろん個人差はありますが、大半の方が留学を通してこれらの感情を一度は体感することになると思います。そしてこれらの感情を、短期感でぎゅっと実感できるのが3ヶ月の留学の特徴です。

こはる
こはる
次に3か月の留学のメリットを紹介します!

【3ヶ月の留学のメリット】

メリット表示

①異文化を十分体験できる

3ヶ月の留学の1番のメリットは、現地の異文化を思う存分体験できることです。3ヶ月もの時間があれば、体力面でも精神面でも余裕を持って好きなことを学んだり、遊んだりする時間が十分とれます。

(これが1週間~1か月の超短期留学の場合、現地に到着してから帰国日までが短すぎるため、現地に少し慣れ始めた頃に帰国日が迫ってくる事態になり、余裕のないまま留学を終えてしまう人が多いです。)

少しゆとりを持ちながら、やってみたいことに挑戦できるのが3ヶ月の留学のメリットです。

②ホームシックとカルチャーショックを両方体験できる(貴重)

日本が恋しくなるホームシックと、異文化に慣れることが難しいと感じるカルチャーショック。一見、どちらもネガティブなイメージがあると思いますが、実は海外に留学をしていなければ、そもそも感じることができない貴重な経験です。

住み慣れた日本を初めて離れるからこそ味わうことができる体験なので、留学をするからにはぜひ経験してほしいなと個人的に思います。(1週間~1か月の超短期留学の場合、現地に到着してから帰国日までが短すぎるため、ホームシックやカルチャーショックを経験しないうちに帰国日を迎える人がたくさんいます。)

しかし3か月の留学の場合は、時間にゆとりがあるため、ホームシックとカルチャーショックの両方を経験して、乗り越える体験をすることができます。精神的に強くなり、大きく成長した自分に出会うことができますよ!

③現地で友達や知り合いを作るチャンスがたくさんある

3か月もの時間があれば、現地でたくさんの友達や知り合いを作ることができます。

実際、私の通っていた大学はクオーター制(4学期制)の学校だったため、3ヶ月ごとに新入生が入学してくるシステムだったのですが、その間、本当にたくさんの人達に出会うことができました。

自分から積極的に行動していれば、現地に住む人たちや、世界各国から来ている留学生に話しかけるチャンスがたくさんあります。実際、超人見知りだった私の友人は、3ヶ月間を現地で過ごすうちに環境に慣れてきて、最後の方は人が変わったように明るく、コミュニケーションを楽しんでいました。

こはる
こはる
様々な人との出会いを通じて自分自身と向き合い、成長できるのも3ヶ月の留学のメリットですね!

④いろいろな観光地に遊びに行ける

これはもう説明する必要がないですね笑

こはる
こはる
3か月の留学期間中、いろいろな場所へ気軽に遊びに行けるのも大きなメリットです。

留学先の国内にある観光名所を回ったり、少し足を伸ばして遠くへ行ってみたり、限られた時間を有効活用しながらリーズナブルな旅行を楽しむことができます。

たとえば私の留学先のシアトルでは、国内線を使ってロサンゼルスやシカゴ、ニューヨークなどの観光地をまとめて楽しんでいる強者がいました(笑)旅行代はかかりますが、それでも日本から目的地に行くよりかは全然早く到着するし、時差ボケもなく、節約もできます。

せっかく海外にいるなら、海外を楽しもう!という気持ちで短期間の留学に来ている人はたくさんいました。

【3ヶ月の留学のデメリット】

デメリット
こはる
こはる
メリットがあればデメリットもあるのが現実。3か月の留学のデメリットを2つ紹介します。

①英語力の伸びはあまり期待できない

正直、3か月の留学生活では英語力の伸びはそこまで期待しない方がいいです。

こはる
こはる
英語力、とくにスピーキングの伸びを実感するには少なくとも半年以上の留学が必要かなと個人的には思います。

実際、私自身も英語力がついてきたなとしっかり実感してきたのは留学して半年後でしたし、周りの友達も「3ヶ月じゃ全然時間が足りないね・・・」と言ってました。

よく3か月くらい海外で生活すれば、ペラペラ英語を喋れるようになる~という意見も耳にしますが、現実はそんなに甘くないです。(※留学先で普通の人の何倍も努力して、24時間、寝る間も惜しまず話す練習をすれば、3ヶ月でペラペラ英語が話せるようになるのも夢ではありません。全ては自分次第なので頑張ってください!

②留学よりも遊学と見なされやすい(学生の場合)

これは主に大学を休学して3か月間の留学に来ている学生の方々に当てはまるデメリットです。

こはる
こはる
よく帰国後の就職活動の自己PRで「留学経験」をあげる方がいますが、3ヶ月の場合は注意が必要です!

なぜなら3か月という短期間だと、勉学を目的に海外へ行く「留学」ではなく、遊びや異文化体験を目的とした「遊学」と見なされてしまい、マイナスな印象を与えてしまう可能性があるから。

実際、私の同級生も3か月の留学経験を自己PRに記載していたのですが、面接の際に、企業の人事の方から「で、結局何を学んだの?」と深掘りされて上手く答えることができなかったと嘆いていました。

正直、3か月の留学は苦しいことよりも楽しいことの方がが多いのが現実です。現地に着いていろいろなことをワイワイ経験してたらあっという間に帰国日になっちゃった!という人がとても多いんです。

こはる
こはる
その結果、「○○を身につけて学んだ!」と胸を張って言えるエピソードがそれほどないと悩む人も少なくありません。

こうならないためには、事前にしっかりと留学の目的を定めておき、現地でその目的を常に意識しながら行動することが必須です。そうすれば、3ヶ月という短期間の留学でも、就活の際に強みや自己PRとして胸をはって面接官に話すことができます。

大事なのは、3ヶ月という期間をどう捉えるか。

こはる
こはる
捉え方次第で「留学」にも「遊学」にもなるので、気合いを入れて準備していくことが大事です!

【3ヶ月の留学がおすすめな人】まとめ

まとめ
こはる
こはる
さて、本記事の内容をさくっとまとめます!

3か月の留学は、毎日新しい経験ばかりで心身ともに大忙し!
ジェットコースターのように気持ちの波が大きく、大変に感じる瞬間もありますが、充実感をたくさん感じることができる留学期間です。

☆3か月の留学が向いている人はこんな人です↓

  • 気軽に海外に行ってみたい人
  • 長期休暇や夏休みを利用して留学に行きたい人
  • 荷物は少なめで、サクッと留学したい人
  • 短期集中で新しいことにチャレンジしたい人
  • 異国の地で気分転換したい人
こはる
こはる
また、メリットとデメリットがこちら♪
メリット
  • 異文化を十分体験できる
  • ホームシックとカルチャーショックを体験できる
  • 現地で友達や知り合いを作るチャンスがたくさんある
  • いろいろな観光地に遊びに行ける
デメリット
  • 英語力の伸びはあまり期待できない
  • 留学よりも遊学と見なされやすい

 

メリットとデメリットを理解した上で、留学期間を決めていくことをおすすめします!

この記事を読んだ人がよく読んでいる記事

スケジュール
【3か月の留学の現実】時間の感じ方と英語力の上達度合いを教えます こんなお悩みを解決します! 「3ヶ月の留学」 ・・・少し長期のお休みと貯金があれば、なんだか実現できるイメージがあります...