英語学習

【3ヶ月でTOEIC900点突破!】3ヶ月目の勉強計画を徹底解説します

悩む人
悩む人
TOEIC900点超えを目指してるんだけど、どうやって独学で勉強していけばいいのかわからない。3ヶ月でどうにか900点を突破できる具体的な勉強法が知りたい!

こんなお悩みを解決します!

本記事は、3ヶ月でTOEIC900点突破を目指す方のためのロードマップです。

<本記事の対象読者>

  • 高校レベルの英語力がすでに身についている方
  • 現在TOEIC800点前後で、点数に伸び悩んでいる方
  • コツコツ真面目に勉強できる方
  • まとまった勉強時間が取れる方
    (目安:平日3時間以上、休日5時間以上)

本記事では、TOEIC930点を取得した私がお伝えする、超効率的かつ効果的な3ヶ月のTOEIC勉強法をご紹介します!

<本記事の内容>

  • 3ヶ月目にやること

【TOEIC900点勉強法】3か月目にやること

英語学習

☆結論、3か月目にやることは4つです↓

  • 英単語を完璧にする
  • 英文法を完璧にする
  • パート5&6を極める
  • 苦手問題をつぶす

3か月目にやることは、本番の試験日に向けて集中力を高めながら、よりハイレベルな問題に挑戦して力を身につけることです。

こはる
こはる
試験日までトップギアで突き抜けていきましょう!

使用する教材一覧

☆結論、3か月目に使用する教材は以下の6冊です↓

英単語

英文法問題集

 900点特急パート5&6

公式問題集(2冊)

 模試

こはる
こはる
各教材の効果的な使用方法を説明していきます!

単語帳の使い方

結論、試験日の2日前までに「以下の項目に収録されている英単語を見て、瞬時にどんな意味か分かる状態」まで持っていきます。

  • 600点レベル:助走の400語
  • 730点レベル:加速の300語
  • 860点レベル:飛躍の200語
  • 990点レベル:頂点の100語
  • Supplement:各パートの間にあるコラム

☆以下の方法で勉強を進めてみてください!

<英単語を最速で完璧にする方法>

:ページを開く

:左上に書かれている日本語の文を目で読みながら、その真下に書かれている英文を丸ごと声に出して音読する(右側に書かれている英単語を赤シートで隠す

:②を1単語1秒のペースで、100語目まで繰り返す
(分からなかった単語にチェックをつける)

④:Supplementの単語を赤シートを使いながら音読する

:④を1単語1秒のペースで30~50語目まで進める

:前日チェックをつけた単語を復習する
(②の方法でもう一度繰り返す)
前日のSupplementの単語をもう一度音読する

☆ポイントは3つです↓

  • 必ず声に出して音読すること
  • 1単語1秒を意識すること
  • 赤シートを使って暗記すること

いよいよ大詰めです。
金のフレーズに掲載されている全ての英単語を完璧にしていきます。1単語1秒と決めてテキパキと音読を繰り返してみてください。

こはる
こはる
やり方が分かりづらい②と④を詳しく説明します!

②のやり方
右側の英単語を赤シートで隠した状態で、左側の英文を読んでいきます。空欄になっている英単語が3秒以上考えても分からなかったらチェックをつけていきましょう!上記の方法で1日100単語ずつ勉強を進めていきます

こはる
こはる
金のフレーズの英単語は、1~2か月目に何度も復習をしているので、この頃になると英文を見ると瞬時に空欄の単語が分かるレベルまで上達していることを実感できるはずです。

 

④のやり方
各パートの間に収録されているSupplementの単語も勉強していきます。2か月目の最終日の時点で、どんな単語が掲載されているかを把握できている状態ですよね。そこで、3か月目は赤シートを使ってそれらの単語をどんどん覚えていきます。目安として1日に約30~50単語ずつ音読をしながら暗記を進めていきましょう!

 

⑥のやり方
最後に、前日勉強した英単語100語の中でチェックをつけた単語のみ、重点的に復習をしていきます。赤シートで右側の英単語を隠した状態で、英文の音読を繰り返していきましょう。

☆1日100単語+Supplementの単語×10日間で最後まで終了します
➡11日目以降は、最初のページに戻り、また同じことを繰り返してください。

そして、本番1週間前になったら、チェックがついている問題のみに焦点をあてて、さらに追い込んでいきます。わ分からない単語や間違えた単語のみに集中して取り組むことで、金のフレーズを完璧にすることができます!

 

文法問題集の使い方

結論、受験日の2日前までに「以下の全ての問題を自信を持ってスピーディーに解答できる状態」まで持っていきます。

  • 第1章:品詞問題
  • 第2章:動詞問題
  • 第3章:前置詞or接続詞問題
  • 第4章:代名詞問題
  • 第5章:前置詞問題
  • 第6章:関係詞問題
  • 第7章:ペア表現・語法・数・比較問題
  • 文法模試:13セット(1セット30問)

 

…どうやってやるのか。
文法問題1000本ノックを使用します!!
文法問題1000本ノックとは、本冊の全問題をランダムに並び替えて出題した別冊のことです。本冊の内容を一気に総復習できる優れものです。

☆以下の方法で勉強を進めてみてください!

<英文法を最速で完璧にする方法>

文法問題1000本ノックを1日50問ずつ解いていく
 (スピード意識する)

答え合わせをして、間違えた問題にチェックをつける

前日に間違えた問題を復習する

☆ポイントは2つです↓

  • スピード重視で問題を解くこと
  • 間違えた問題を重点的に何度も復習すること

とにかく「早さ」と「正確さ」を意識して、1問1問に向き合いましょう。1日50問ずつ取り組むと、3週間後(21日後)に最後の問題まで取り組むことができます。

こはる
こはる
ここまできたらあと1歩です!

試験日までのラスト1週間は、上記の文法問題1000本ノックにチェックがついた問題のみ、重点的に取り組んでください。苦手意識がある文法問題を最後にすべてやっつけるイメージです!

こはる
こはる
間違えた問題や苦手な問題に集中して取り組む時間を作ることで、1冊の文法問題集を完璧なレベルまでやりきることができます!

 

900点特急パート5&6の使い方

次に、900点を突破するために必須のパート5&6の勉強法をお伝えします。
この本は、上級者が引っかかりやすいパート5&6の難問や見落としがちな問題を厳選した文法問題集です。1ページ1問の構成で取り組みやすい上、とんでもなく丁寧な解説が嬉しいのがポイント(笑)

こはる
こはる
この本をラスト1ヶ月に集中して取り組むことで、パート5と6の正答率を100%に高める実力が身につきますよ!

☆勉強法はいたってシンプルです!

  • 「1日1セット」ずつ、本の通り進めていくだけ!

この本には、1セット=23問の文法問題が合計6セット収録されています。

よって、1日1セット×6日間で最後まで終了する計算です。6日目に最後までいったら、また最初のセットに戻って繰り返し学習していきましょう。目標は本冊を3周すること。(1日1セットずつ取り組めば、18日後には本冊を3周できます!)

900点を突破するには文法の細かなミスを徹底してなくしていくことが不可欠です。勉強のウォーミングアップ代わりにスピードを意識して解いていきましょう。最初は間違えた問題ばかりでも、3周していくうちに、確実に自信を持って解けるようになります。

こはる
こはる
「文法問題1000問ノック」と平行して学習を進めることで、TOEICの文法問題は敵無しです!!

次に説明する模試の勉強法ですが、1か月目の勉強法と全く同じやり方で取り組みます。よって、すでに勉強法が分かってる方は以下の学習範囲を把握したら一旦とばして「900点取得のための攻略本の使い方」からお読みください!

☆3ヶ月目の学習計画がこちらです↓

  • 1~10日目
    ➡模試本のテスト3回目
  • 11~20日目
    ➡2冊の公式問題集の中で1番点数が低かったテスト1回分に再チャレンジ
  • 21~30・31日目
    ➡間違えた問題をつぶす

1~20日目までは前回・前々回で紹介した10日=1セットの勉強法に取り組みます。最初の10日間を使ってまだ取り組んでいない模試本のテスト3回目に取り組み、次の10日間でこれまで取り組んだ2冊の公式問題集の中で最も点数が低かったテストに再チャレンジしてみてください!

21日目~の勉強法は下の方に書いてあるので読み進めてくださいね!

こはる
こはる
勉強法を忘れた!という方は、詳しく説明していくのでこのままお読みください!

模試本の勉強法

結論、試験3週間前の時点で「模試本のテスト3回目を丁寧に解き終わってる状態」まで持っていきます。(なんでテスト1・2回目じゃないのか、と思った方は2か月目の勉強法を読んでください。すでに終わっています。)

☆キーワードは「10日で1セット」!
以下の方法で勉強を進めてみてください!

<模試本を最速で勉強する方法>

<1日目>
テスト問題を時間を計って全部とく(約2時間)

<2日目~9日目>

1日あたり12~13問ずつ解いていく

解答解説を読んで、分からなかった単語に印をつける

もう一度、問題文を音読する
(リスニングは音声にあわせて音読)

<10日目>
間違えた問題のみ、再度解いて復習する

☆ポイントは3つです↓

  • 1日目➡スピード重視で実力を図る
  • 2~9日目➡1問ずつ丁寧に取り組む
  • 10日目➡1~9日目に間違えた問題のみに
    取り組む

☆詳しく説明します!

1日目のやり方
1日目は、3回目のテスト問題を時間を計って解きます。リーディングの制限時間は75分、リスニングの制限時間は45分なので、まとまった時間がとれる休日を1日目に設定するのがおすすめです。解き終わったら丸付けをして、間違えた問題にチェックをつけましょう。

こはる
こはる
この段階では、詳しい解答解説を読まないでください!正答率だけを記録しておきましょう。

 

2~9日目のやり方
1日目でスピード重視で解いた問題を、今度は1問1問丁寧に解いていきます。目安はリーディング・リスニング共に、1日に12~13問ずつ解くこと。解き終わったら解答解説を読んで、間違えた問題をチェックします。そして、問題文の音読を徹底してください!

こはる
こはる
このプロセスを繰り返すことで、確実に実力が身につきます!

 

10日目のやり方
10日目にやることは、間違えた問題を中心に解いて苦手をつぶすこと。1~9日目を通してチェックがついた問題だけを解いていきます。このとき、「なぜ自分がその問題を間違えたのか」、理由を言葉に出しながら解いていくのがおすすめです。問題を間違えた理由を自分自身がきちんと分かっていれば、同じミスを繰り返さなくてすみます。

上記のやり方で取り組むと、10日目に3回目のテスト問題が解き終わります!
➡11日目以降は以下の公式問題集の使い方にそって進めていってください!

 

公式問題集の使い方

こはる
こはる
最後に、公式問題集の使い方を紹介します!

結論、試験日までのラスト20日間を使って、2冊の公式問題集の間違えた問題・分からなかった問題を一気に復習していきます。

1・2ヶ月目の勉強法を実践した方は、2冊の公式問題集にたくさんのチェックがついている状態のはずです。それらを再度解き直し、完璧にしていきます。

☆以下の方法で勉強を進めてみてください!

<公式問題集を最速で極める方法>

<11日目~20日目>(試験20日目~10日前)
2冊の公式問題集の中で1番点数が低かったテスト問題にもう一度取り組む。

 

<21日目~30目目>(試験10日目~前日)
2冊の公式問題集にチェックがついてる問題を合計し、10で割る。
(1日に○○問と決めて解いていく)

<やり方>

問題を解く

解答解説を読んで、分からなかった単語に印をつける

再度、問題文を音読する
(リスニングは音声を聞きながら)

やり方はいたってシンプルです。
まず、最初の10日間で、これまで取り組んだ2冊の公式問題集のうち、最も点数が低かったテスト問題に再チャレンジしてみてください。(やり方はこれまでと同じく10日=1セットの方法です。)

そして次の10日間で、これまで間違えた問題を徹底的につぶしていきましょう。2冊の公式問題集の中にある、間違えてチェックをつけた全ての問題を洗い出し、10で割って1日あたり取り組む問題数を決めてみてください。

こはる
こはる
1日あたり○○問と決まったら、あとはひたすら問題を解き、解答を読み、音読を繰り返していきましょう!!

☆その結果、試験日までのラスト10日間で、2冊の公式問題集の中にある、あなたが苦手な問題・間違えた問題を全て復習することができます。

…なぜ、試験日までの20日間を使って公式問題集に取り組むのか。
本試験に1番近いレベルで対策ができるのは公式問題集だからです。模試に取り組んだり、900点を取る知恵を身につけることも大切ですが、1番大切なのは公式問題集を完璧にすること!公式問題集に最後まで粘り強く取り組むことで、本試験で100%の力を発揮できる実力が身につきます。

こはる
こはる
もし、2冊の公式問題集にそれほどチェックがついた問題がない方は、模試本のチェックがついた問題に取り組んでいってください!

TOEIC900点を突破するには、自分が間違えた問題を何度も解き、TOEICの全パートに対して自信を持って解答できる力を身につけることが大切です。何度も公式問題集に取り組むことで、確実に全パートの英語力が上がります。

最後まで自分を信じて、走り抜けましょう!!